ROSA

使い勝手のよい奥行き

まず前提に、住宅で選ぶソファはカフェなどの飲食店で座るソファとは根本的に異なります。なぜなら、使用目的が違うからです。アルゴリズムのソファは、どのモデルも奥行きが90㎝以上あります。よく「ベッドみたい!」と言われますが、それは、寛ぐことを目的につくられているからです。

● 子供たちがみんなでお昼寝できる
● 大柄な男性でもゆったり掛けられる
● 洗濯物をたたみながら一息つける
● 急なお泊り客にもすぐに対応できる
etc…

程よい奥行き、なおかつシンプルなフォルムのソファは、使い方の幅が広がります。
限られたスペースにこそ、フレキシブルに活躍できる家具を。

詳しくはこちら>>>

あらゆるデザインやテイストを受け入れることができる「万能型」

現代の日本住宅に採用する建具や内装材はモダンな製品が主流となっているので、アルゴリズムの家具も基本的にはすべてにモダンに見えるように仕上げています。ただし、余分な装飾やテイストはなるべくそぎ落とすように心掛けています。そうすることで、ソファのファブリックやクッション、そばに置くリビングチェアやサイドテーブル、チェアのカラーや素材、カーテンやラグの選び方などなど。その他のアイテム次第であらゆるインテリアに対応することができます。年代やインテリアの好みが変わろうとも、長くお使いいただきたいのです。

お好みとご予算に合わせて

ソファのカバー生地にはランクを設定しています。数十種類の生地の中からはお好みだけでなく、ご予算にあわせてお選びいただくことができます。

詳しくはこちら>>>

毎日のことを、もっと快適に

たとえば、一本脚のテーブルだったら。肘付きの椅子でもベンチでも、立ったり座ったりの動作にストレスを感じなくなります。お客様が増えても安心。みんなで食卓を囲めます。大きなサイズを選んでも心配ありません。一本脚だから、天板だけが浮遊して見えて、とっても軽やか。

アルゴリズムのテーブルは、快適な過ごし方と納まりのよさを想像しながら設計されています。

詳しくはこちら>>>

メンテナンス

アルゴリズムでは天板にウォールナットとオークの無垢の天板を採用しています。理由はたくさんありますが、一番は、皆さんに長く使いつづけていただきたいから。仕上げはメンテナンスが容易なオイルフィニッシュを採用しています。年に1~2回ほどメンテナンスしていただければ、いつまでも、品質を保ちながら使い続けることが可能です。

詳しくはこちら>>>