家のコト<2>

わたしたちは日ごろ、お客様から家づくりについてのさまざまなおはなしを伺います。
いいことも、もちろん失敗談も。
じつは、内容は意外とみなさん似ているんです。
これはまさに家づくり『あるある』。
これからご紹介する事例を、ぜひ家づくりのご参考になさってみてください。

家のコト<2>
『図面マジック』

一言に「3人掛けのソファ」といっても、モデルによってサイズはいろいろです。幅180㎝のものもあれば、2Mを超えるものも。設計士さんに「3人掛けのソファが置けるリビングにしてください」と伝えても、図面に描かれているのはごく一般的なサイズでしかありません。また、テーブルも同じこと。5~6人家族の方、「幅180㎝あれば3人が横並びに座れるテーブル」だと思っていませんか?物理的に椅子は置けても、日々の使い勝手としては十分なサイズとは言えないのです。ゆったりした幅の椅子だと、2脚しか並べられないことも。
※ただし、同じ幅180㎝でも脚のデザインによって使い勝手は異なります。
※詳しくは店頭でご確認くださいませ。

また、日常の通り道となる「動線」が十分確保できているかどうか、なかなか図面上では把握できないものです。図面上の余白が、必ずしも「人が通れる余白」とは限らないのです。

では、こういった失敗を避けるためにはどうすればいいのか。

家のコト<1>同様、自分たちに必要な家具のサイズを知ることが大切です。どのタイプのどんなサイズのソファなら背が高い旦那様でも横になってくつろげるのか、こどもたちが大人になったときでも家族全員で食卓を囲めるテーブルはどんなサイズなのか。
それらを実際に体感するには、やはり家具屋さんに行って試してみるのが一番です。家づくりを始める前や、仮図面の段階でお気軽にご来店ください。

図面をお持ちの場合は、コーディネーターがきちんと図面を読み解きます。

家具のサイズを把握して間取り作りをはじめることで、より『理想の住まい』に近づけるはずです。

関連記事

  1. 201803 広島

  2. 201105 広島

  3. 201510 広島

  4. 201311 広島BeerBar

  5. 201609 広島

  6. 201311 広島マンション